薪ストーブの自作煙突カバーを実装してみた

自作煙突カバーを着けた

 市販の煙突カバーがどこも売り切れだったので、先日煙突カバーを自作してみました。持ち運びが楽で比較的安価に制作できると自負しております。

制作過程の記事はコチラです。
キャンプで焚火 サーカスTC用薪ストーブの煙突カバーを自作する

 装着テストの記事が遅くなりましたが、無事一晩過ごすことができました。

薪ストーブの煙突カバー取付

内側からはこんな感じです。

薪ストーブの煙突カバー取付

 いい感じに幕が逃げてくれます。網を2枚重ねるのに針金を使っていますが、もう少し隙間ができるように針金を調整するとよかったかもしれません。
 5角形の頂点に合わせて網を曲げる必要があるかなっと思いましたが、いい感じに上画像の左側面の幕が多めに逃げてくれましたので特に問題ありませんでした。

煙突の輻射熱の影響は?

サーカスTCに薪ストーブ

 薪がなかったので、初めてオガライトを使用してみました。オガライトってかなり使えますね!!価格は10kgで800円ぐらいだったかな?効率よく段ボールに梱包されているので、薪と比べて場所をとりません。しかも結構火持ちが良いです。この先、オガライトにお世話になりそうです。
 料理するときには、2本突っ込むぐらいかな。暖をとるなら1本ぐらいで使用しました。上の写真は、2本ぐらいです。

サーカスTCに薪ストーブをインサート

 2本で結構な火力です。料理するのにちょうどいいかも。その時の煙突カバー(網)付近の幕の温度は、手で触って暖かいなぁって感じです。
 オガライトを3本突っ込んだときは、幕がちょっと熱くなりすぎて焦りました。温度的には、80~90℃ぐらいかな???幕は問題ないだろうけどチャックが解けないかとちょっと冷や冷やしました。
 どちらかというと、網を伝って幕が熱くなるというよりも下からの煙突の輻射熱によって熱気が上昇してきた熱で幕が熱くなっている感じです。
 このあたりの熱対策をすればもっと安心かも。

サーカスTCに薪ストーブをインサート
夜食にバゲットとウィンナー

薪ストーブの自作煙突カバーは成功!!

 あくまでも私の主観ですが、自作したカバーは成功と言えます。持ち運びもしやすいし、薄型なので車載時に場所をとりません。
 外から見た感じは、ちょっとかっこ悪いですけどね(笑)
自作される方は、自己責任でお願いいたしますね。